夜の病院

金曜日の夜。
お風呂でラクがおちんちんが痛いと言いました。
赤くなってる感じ。

土曜日。
夕方になって頻繁に痛いと言い出し、赤く腫れてきました。
歩き方も腰を曲げていて、相当痛い様子。

パパと相談して近くの泌尿器科に電話をすると、診てくれるとの事で、すぐに病院に行きました。

歩くのも痛い、抱っこしても触れると痛いからお尻を突きだした変な形の抱っこに。
普通、お尻にまわす手も場所が悪いと「痛い」と泣き叫びます。

診察してもらうとまだ剥けてないから、汚れ、バイ菌が入ってる様子できちんと剥いて洗って下さいとの事。

たぶん、そうだろうなぁと予想はしていたものでホッとしました。

でも男の子のデリケートな部分。

剥かれるのも相当痛いはず。

家では大泣きだったラクも先生の前では泣かなかった。
偉かった!

でも家に帰ってくるなり、泣きわめいて・・・

お風呂で洗うにも泣き叫ぶ状態で、病院でもらった軟膏を塗るにも剥かないといけないので、ひたすら痛みと闘うラク。

かわいそう・・・(ToT)

こういう時、女の私がするより男のパパがしてくれると助かるんだけど、男だから痛いのわかるからそんな事はできないと逃げ腰。

泣き叫ぶラクをなだめながら薬を塗りました。


夜中に目を覚ましてトイレに行ったけど、まだ赤く腫れてる。
様子を見て、月曜日も病院かな?

「お母さん一緒に寝て」

真ん中の子どもって我慢してるんだよね。

私はタカラの添い寝とおっぱいでで、ラクはいつも一人で寝てるもんね。

一緒に寝ますよ(⌒‐⌒)

でも、そういうときには寝ていても感じるものがあるのか、タカラが目を覚ます(><*)ノ~~~~~

ラクの隣、タカラの隣の繰り返しでした。



男の子にはよく聞く症状だったけど、やっぱり可哀想だなぁ(泣)

早く治りますように。
[PR]